top of page
  • 執筆者の写真池田卓夫 Takuo Ikeda

池田卓夫初の単独著書「天国からの演奏家たち」、2023年5月24日に発売決定


「モーストリー・クラシック」誌に2020年から連載してきた「いけたく本舗 私が出会った演奏家」の最初30回分を大幅に加筆した「天国からの演奏家たち」が5月24日、「オン★ステージ新聞」発行元の青林堂から発売されます。小泉純一郎さんの聞き書き「音楽遍歴」(日経プレミア新書)などの共著、ゴーストライティングを除けば、単独の著書出版は初めてです。連載は1回あたり1,200字なので30回分なら36,000字、これを110,000字強に増やしたので、実質は書き下ろし同然といえます。「ここまで書いてしまった良いものか?」と自問自答しつつ、新聞記者のバックグラウンドに立ち返り、生々しさを優先しました。帯の推薦文は若い友人の指揮者、アンドレア・バッティストーニさんが書いてくださっています。本日からAmazonでの注文受付が始まりました。機会がございましたら、ご一読いただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。



閲覧数:1,016回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page