• 池田卓夫 Takuo Ikeda

バッティストーニ、チャイコフスキー「悲愴」を語る

最終更新: 2019年5月13日


2018年11月9日、アンドレア・バッティストーニが首席指揮者を務める東京フィルハーモニー交響楽団と録音したチャイコフスキーの「交響曲第6番《悲愴》」について「大いに語る」というインタヴューを日本コロムビアに依頼された。話題の女優「のん」が語りを務めたカップリング曲、武満徹の「系図」の話題が先行しがちのなか、「悲愴」の素晴らしさが今ひとつ注目されていないとの理由だった。果たして、チャイコフスキーを語りつくした60分の「トークライヴ」が昨夜(11月16日)、同社のサイトにアップされた;

https://columbia.jp/artist-info/battistoni/info/62814.html




0回の閲覧

© 2018 音楽ジャーナリスト@いけたく本舗

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon